Mission GA

アクセスカウンタ

zoom RSS HGザク ア・バオア・クー守備隊仕様(08小隊ザク使用) MS-06 完成!!

<<   作成日時 : 2010/12/18 15:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

2010年12個目の完成品です。ご存知の方は少ないとは思うのですが、実は「TV版機動戦士ガンダム」の第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」には、”両肩にスパイクアーマーでなおかつ右肩にはシールド”という仕様のザクが登場しているのです。
元ネタ↓(クアトロ大尉シャアがジオングで出撃する直前くらいで映ります。たぶんアニメーターさんの描き間違いだとは思うんですけどね。)
画像

今回は、このザクをHGザク(08小隊ザク)をベースに作成してみました(実はHGUCザクすらも無い時代に、いろんなザクバリエーション《2006年のシャア・ザク然り》を作ろうとして買いだめしといたやつの不良在庫処理です。いまなら絶対F2ザクをベースにするほうがかっこいいのができますもんね)
右肩にスパイクアーマーを装備するためにFGシャア・ザクの左肩当を端の方を切り欠いたものをもちい、もともとのシールドの取り付け部をFGシャア・ザクの関節パーツなどを用いて延長しました。また、シールドの裏側はプラ板、プラ材、パテ等で埋めました。シールド上面の長さもショルダーアーマーとの干渉を考慮して若干切り詰めました。
画像

塗装は
明るい緑:白+クリヤーブルー+クリヤーイエロー
濃い緑:グリーンFS34227+薄い緑
肘宛:ネービーブルー
肘関節:ジャーマングレー
膝関節、モノアイレール、マシンガン、バーニアノズル:ダークアイアン
ランドセル:軍艦色(2)
動力パイプと膝宛、靴、胸当ては成型色のままです。ラッカーのジャーマングレーでスミ入れしました。ほかの部分はエナメルのジャーマングレー+フラットブラックでスミ入れです。
緑の部分には、エッジやパネルラインにスモークグレーでシャドウを入れました。
最後につや消しクリヤーでコーティングして仕上げています。
画像

また、単純に”かっこよく”するためとして、頭部は接着面で左右それぞれ1mm程度削り込み、頭頂部も裏打ちをしてプラ厚ギリギリまで小型化しました。
また、HGといっても10年以上前のキットなので、もはや「旧キット」といってもよいレベルで、ノーマルだと脚が左右平行になってしまい、ただの「気をつけ」になってしまうので、太もも付け根の後ろ側を削って、今風の”上から見て足がハの字に開いている立ち方”ができるようにしました。
手首はキットのものでは小さすぎるように感じたので、FGシャア・ザクのものを流用。右手首はFGのままだと”ただの握り手”にマシンガンを持っているようになってしまうので、2mmプラ材で人差し指の形を加工して、あたかも引き金に指をかけているように見えるようにしました。
肘当ての凹モールドは好みで、パテで埋めてしまいました。
マシンガンはFGシャア・ザクのものを基本にドラムマガジンのみHGUCハイザック(なんとコレだけ、HGUCザクやF2ザクより旧いにもかかわらず、うら側にちゃんとフタがしてあるんです!!)から持ってきてとりつけました。


マシンガンのセンサーは、ジュエリーアートシールを用いました。銃口部分の切り欠きもきちんと再現しました(30年近く前のMSVの06Rでちゃんと再現されていたのに、なんで最近のキット《F2ザクなどでも》はすっかり”埋まってるのが定番”になってしまったんですかねえ?)
画像


モノアイレールは後ハメ式とし、市販バーニアパーツの付け根部品から制作しました。UバーニアとHアイズで縁ありモノアイにしています。モノアイは可動するようにしました。
画像





シールドには黒パステルの粉で弾痕表現を施してみました。
画像






MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは。(笑)

 おぉ!!
 08小隊のHGザクですか。
 実は、作った事無いんです。(笑)
 足首の可動がせまそうですね。やはり、HGUCの出来が凄いと言う事でしょうか?
 アニメの右肩スパイクの上にシールド・・・、凄いですね。ザクなら、何でもあり?(笑)
 それを、再現されるAesopさんは凄い!!
 塗料の調合も上手くて素晴らしいです。
 今回も、楽しませて頂きました、ありがとうございます。(笑)
トム 
2010/12/18 20:35
ありがとうございます!!

実はこのキット、作ったのこれで3個目なのですが、おっしゃるとおり、足首まるっきり動きません!なんのためにパーツ割りしてあって可動軸があるのかわからないくらいです。なので、「男らしく」脚を開くと足首の左右端が地面に着きません(本当はこういうところも直すべきだったのかもしれませんが)
アニメーターさんの描き間違いといえば、ほかにも同42話で「グフっぽいランドセルを背負ったザク」なんてのも出てます。ザクではないですが、「両手がマシンガンになってるグフ」とかもいつのまにか”A型”とかなんとかグフバリエーションのひとつ、ってことになっちゃってますし、逆に「両手が普通の手のグフ」も初期生産型(左手マシンガンの製造が間に合わなかった)とかってことに、MSVがプラモ化されるころに"公式設定”になっちゃったりしてます。
色もほめてくださって嬉しいです♪「量産型ザクはコレ」っていう拘りの色なので。
Aesop
2010/12/18 21:40
こんなザクがあったなんて始めて知りましたよ(・・;
機体に関しては小説書く柄、結構知ってるつもり
だったんですけどねえ・・負けましたm(_ _;)m

ファーストガンダムは後半になって
キャラデザの安彦さんが入院してしまって
富野監督も絵を描いてたらしいので
かなり作画ミスが多いと聞きました。
これもその1つなのでしょうね。
一見バランスが悪そうに見えるのに自然と
マッチングしているところがすごいです。
しかしそれを難なく作られてしまうとは・・・!
スパイクアーマーに更にシールドという
発想はなかったですよ・・・・・(^^;
そしてザク脅威のデザイン含む汎用性に驚愕です。
もしかしたらこのザクをキット化したのは
世界でもAesopさんが初めてかもしれませんよ!
ミスターZ
2010/12/18 22:54
ありがとうございます!!

TVに限らず劇場版とかでも、けっこう「作画ミスによるモビルスーツバリエーション」が発見できるのでおもしろいですよ。ザクの左肩のトゲが4本になっているのなんてしょっちゅうです。
「両肩スパイクアーマーの量産型ザク」だったら80年代後半ころにMAX渡辺氏が、マインレイヤーをベースに作っていたのがHJ誌に載ってたんですけど、右肩にシールドまでつけているのは、確かに立体物としては私も見たことなかったです。世界初だといいですよね♪
Aesop
2010/12/19 08:14
 こんにちは。(笑)

 本年は、交流させて頂きとても楽しかったです。
 ありがとうございました。(笑)
 来年も引き続きよろしくです。
 良いお年を。

 新年の挨拶は、個人的な理由で遠慮させて頂きます。
トム
2010/12/30 09:57
このHG08ザク、キットの方はガンプラ屈指のワーストキットですよね…(-_-;;;)もうクォリティ低過ぎ!! モールドとか雑で汚いし… まあそれだけモデラーさん達にとっては、手の加えがいのあるキットとも言えますね。あのキットを手間暇掛けて良作に仕上げるのも、モデラーの腕の見せ所、ってなワケですね。
この08ザクも、HGUCで出してもらいたい所ですよね。もちろん地上用JC型で。
通りすがりの者
2013/11/16 10:49
HG08小隊ザク、なんせ古いキットですからねえ。当時はあれでもマインレイヤー以来の144分の一ザクのまともなキット、と思って買い込んだものです。膝関節とか、やっぱいろいろ不満はありますよね。
HGUCはF2ザクやら06Rもありますから、そっちで格好良い144分の1は何とかしろってことなんでしょうかねぇ。
コメントありがとうございました♪

Aesop
2013/11/17 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
HGザク ア・バオア・クー守備隊仕様(08小隊ザク使用) MS-06 完成!! Mission GA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる