Mission GA

アクセスカウンタ

zoom RSS カノーネン・ドーガ(MGギラ・ドーガ使用)

<<   作成日時 : 2014/05/21 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

2014年1個目の完成品です。キットの発売は2013年、”逆襲のシャアの公開、B-CLUB29号70ページの近藤和久先生の「やはり1/100ギラ・ドーガは欲しいねェ。」”から25年!!やっとプラモデルで手に入りました(当時キャストキットはあったらしいのですが)。ま、これもマラサイ同様散々バンダイにMG化のリクエストをしてきたわけですが。もちろん発売日に買いましたとも!
「我々は25年間待ったのだ!!(デラーズ閣下風に。)
・・・ですが、マラサイの時にさんざん指摘したのに肘や膝等の関節がプラのままなのが残念でした。
体調不良やらなんやらでなかなか作業が進まず、こんなに完成まで時間が経ってしまいました。
画像

名称についてですが「Kanone」はドイツ語で「キャノン砲」の意味であり、名詞の前につく場合は「Kanonen」となるようなので「カノーネン・ドーガ」としました。ジェネレータ出力に余裕のあるギラ・ドーガなのでビームキャノン装備です。
ギラ・ドーガは本来”ザク系”の機体ですが同時に「ゲルググの後発機」でもあるわけで、ゲルググキャノン的運用を想定し左腕には新造の3連ロケットランチャーを装備しました。これはカウンターウェイト的な意味も込めています。
画像

塗装は昔、レーザーディスクで観ていた時に(TVの画面調整のせいもあるのでしょうが)レズンのギラ・ドーガが一瞬ドムっぽく見えたことがあったのを受けて、黒と紫中心の塗り分けとしてみました。
手脚等の紫:ガイアカラーの「ラベンダー」
胴体等の黒:Mrカラーの「ジャーマングレー」と「5番の青」を半々に混ぜたもの
ランドセル・ロケットランチャー:「ジャーマングレー」に「赤」「白」を少量加えたもの
キャノン・バーニア等:メタルカラーの「ダークアイアン」
モノアイ:水性ホビーカラーの「蛍光ピンク」の上澄み
スミ入れはエナメルのジャーマングレーやガンダムマーカーなど部分によって使い分けました。
アクリルのガンメタルでチッピングを施し、デカール貼付後全体をつや消しクリヤーでコーティングでコーティングして仕上げています。
画像

画像

右肩シールドのスパイクは、キャノンを引き立てるため短く切り詰め、空いた穴はプラ板で蓋をし整形しています。
画像
左肩当ては、ザクキャノンっぽくするため敢えてD1㉑の部品を取り付けませんでした。
画像
ジオンのキャノンタイプMS(ザクキャノン・ゲルググキャノン)伝統の頭頂部センサーを装備しました。材料は600円のZZガンダムの膝当て(削り込んで頭の局面に合わせました)と市販バーニアパーツです。
画像
キャノン後端にはビーム砲らしさの演出として動力パイプを配してみました。ランドセルは600円のZZガンダムのものを切り貼りし、また同じく600円のZZガンダムのつま先を切り取ったもの等で作成しています。
画像

作成または改造したパーツ一覧です。
画像
仮装着したところです。ロケットランチャーの白い部分は、なんと旧キット/100シン・マツナガ06Rのシールドを切ったものにプラ板で幅増ししハイザックシールド部分と面一にするため削り込んだものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。(笑)

 久しぶりの更新ですね!!
 このような機体があたんですか、お恥ずかしながら知りませんでした・・・。(笑)
 製作も素晴らしい技術で流石の完成度、格好良い!!
 25年の歳月でようやくキット化、完成に至るとはAesopさんの根気は製作技術と共にに玄人ですね。
 今後も体調に気をつけて楽しんで下さい、因みに今注目しているキットは何ですか?
トム
2014/05/22 06:32
久しぶりになってしまいました。(泣)

この機体は私のオリジナルなんですよ。(笑)
昔、700円のギラ・ドーガが発売された頃にホビージャパン誌上で「ギラ・ドーガ大会」みたいな企画がありましてライターさんたちのいろんなオリジナルバリエーションタイプが掲載されまして。ギラ・ドーガの上半身にマゼラベースを組み合わせたパンツァー・ドーガ(パンツァーはドイツ語で「戦車」の意味です)やら、全身真っ赤なレーテ・ドーガ(レーテはドイツ語で「赤」の意味です)なんてのがあって、自分もバリエーションタイプを作ってみたいと思った次第です。
完成度を褒めていただいてありがとうございます!

いま注目、というか消費増税前の駆け込み需要で買ったGMVを近々作りたいと思っているのですが、去年からの宿題がひとつあるのでそっち(残念ながらトムさんはあまり興味がない分野かと思われますが)を先に作ると思います。
Aesop
2014/05/22 22:03
 ご無沙汰してます
 量産型の醍醐味の一つ、バリエーション!でもしっくり決まっているのは案外少ないんですよね。個人的にはギラドーガはザクの直系であるがゲルググ以後の量産機でもある、というところに説得力を感じました。
 作例もブランクを感じさせない仕上がりですが、特にチッピング、いいですね。
ぽりんきー
2014/05/23 22:18
 こちらこそ、ご無沙汰です。

 オラ設定を認めていただけるとは光栄の極みです!
 シャドウ吹き仕上げにしようかとも思ったのですが、ある事情(マラサイキャノンのときと同じです。説明はしてませんが)により、チッピングにしました。かかった時間はむしろシャドウ吹きより長かったくらいなので手抜きじゃないんですよ(笑)。
Aesop
2014/05/24 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
カノーネン・ドーガ(MGギラ・ドーガ使用) Mission GA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる