Mission GA

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/24 K12 マーチ 15E(フジミ 「12c 5door V Selection」使用)

<<   作成日時 : 2014/09/06 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
画像


 2014年8個目の完成品です。
 K12型マーチには、2002年〜2005年までの初期型、2005年〜2007年までの中期型、2007年〜2010年までの後期型と外観が異なるものは3タイプ存在するのですが、プラモデルではこのうち「初期型」しかキット化されておらず(3ドア、5ドアのバリエーションはあります)、中期型モデルである自分の車を再現することを目標に製作しました。

ベースキットはこれです↓
画像

ボークスにて購入したので、値引きやらなんやらで1620円のお値打ち価格で買えました。




で、これをこれ↓に近づけたわけです。
画像

画像

 1.5リッターモデルの15E、車重980kgに対するトルクは15.1kgm。この値は初代ユーノスロードスターの1.6リッターモデルの車重940kg、トルク14.0kgmよりもトルクウェイトレシオでは上回ることになるんですよ(パワーウェイトレシオは負けてますが)。
 タイヤサイズは185/55R15の「12SR」や「15SR-A」と同サイズにしています(ちなみにアドバンネオバAD08モデル)ホイールはマナレイVR5です。サスペンションはニスモのSチューンを使用しているのでノーマル比2cm最低地上高ダウンになってます。フロントブレーキパッドは、純正品が寿命になったあと(純正より安かったので)ENDLESSのものに換えました。
 ブレーキフルードとエンジンオイルさえ変えれば「サーキット走行も可能」というレベルにはなってます。


で、まずホイールを実車に近づけようとアフターパーツを購入したわけですが、当然VR5のプラモなどないわけで、なるべく似た見た目のBBSホイールを購入しました↓
画像

画像

 仙台市内の模型屋では見つからずお盆に実家の盛岡に戻った時にそちらの模型店でやっと発見!ところがなんと、お値段1296円もするんですよ!!車体のキット価格の何割になるんだ!と、断腸の思いで財布の紐を緩めたのでした。
 ところがこのパーツ、「1/24自動車の改造パーツ」としか書いてないくせに、いざマーチのキットに合わせてみると収まらないのです!!同じフジミ製なのに!!!
「車種によっては使用できない場合もあります」とかって注意書きは一切なしのくせに。フジミ、許すまじヽ(`Д´)ノ
 一時は純正ホイールでがまんしようかとも思いましたが、どうにもカッコ悪い(第一、自分のクルマとかけ離れる)ので思案の末、ボディ及びシャシーパーツを大幅に改造して組み込むことにしました(その結果、車体下面はとても見せられたものじゃありません)


画像

画像

画像




 初期型と中期型の外観上の大きな違いの一つとして、「フロントバンパーグリルの形状の違い」がありますが、これはキットのパーツから、横方向のスリットをひとつ切り落とし、開口部の形状はパテ・プラくず等で変更してフォグランプが収まるべき場所はガンプラ改造用に買っておいたバーニアパーツを仕込んで表現しました(私のクルマはフォグランプは装備しておらず、樹脂製のダミーが入っているので、この作品では同じく市販のモールドパーツを塗装終了後に仕込んでいます)


改造前↓
画像

形状変更後↓
画像

画像

 また、フロントグリルは、初期型ではメッシュの中にウィンカーが内蔵されている構造なのですが、中期型ではメッシュ的部分は途中までで端っこのウィンカーはクリアレンズになっているので、戦車モデルのヘッドライト表現で定番の「シルバーで塗装」で表現しました。

画像

 テールランプは、初期型ではウィンカーがオレンジレンズらしいのですが、中期型ではクリアーになり、しかも「バカボンに出てくるおまわりさんの目」のようにバックランプとつながっているので塗り分けを変更することで再現しました。


 ボディ色は、日産純正タッチアップペイントの「ワイルドブルーベリー」を塗ったので間違いありません(実車の写真と違って見えますが、これは実車の写真の方が光の加減等で本物より青みが濃く出ているためです)。レベルカラーのクリヤーでコーティングしてからペーパー、コンパウンドがけして仕上げました。
 内装色は、私の車は「日本車初のブルー内装」なので、レベルカラーのエアスペりオリティブルーで塗装しました。
 ホイール中心部は「BBSデカール」は使用せず黒塗装とし、自分の車のホイールは「ハイパーブラック」という色なのでパーツの銀メッキの上からスモークグレーを薄らと吹いて表現しました。






これが、レベルカラーだ!
画像

30数年前のガンプラブームの頃に購入したもので、当時グンゼのミスターカラーが「18ml100円から10ml100円」に大幅値上げした最中、タカラのレベルカラーは18ml据え置きだったので重宝したものです。ただ「紫」など色によっては同じ名前でもまるっきり色味の異なるものがあったりして(ゲルググの盾の真ん中とか、ミスターだとしっくりくるが、レベルだと暗すぎる等)、そのときは泣く泣くミスターカラーを購入したものでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。(笑)

 予想外のスケモですか!!
 Aesopさんのカーモデルは初めて拝見しますが、何を作られても上手いですね。(笑)
 ご自身の愛車を改造で再現される苦労はかなりのものですよね、お疲れ様でした!!
 フロントフォグ(ダミーとはいえ)の埋め込み、グリルの本数調整、
 リアレンズの塗り分け 全て大変そう・・・。
 苦労の甲斐あって、愛車の再現完璧ですね。(笑)
トム
2014/09/07 06:17
おはようございます。

 車は20年くらいぶりで作ったのですが、実は「トムさんのサイトを拝見していてクルマも作りたくなった」んですよ。今までは、K12「初期型」のキットしかなかったので、改造する気力がなく購入をためらっていたんです。
 やぁホント、ガンプラと比べて作りにくかったです。いかにトムさんの作品がすごいか改めて思い知らされました。
 写真では、目立たなくなってますが、実はボディの研ぎ出し時に、失敗して地の色が出てきてしまってリタッチした部分もちょこちょこあります。
 お褒めに預かり光栄です。ありがとうございました!!

 ちなみに生まれて初めて買ったプラモは1:24のカウンタックLP500Sです。まだガンプラどころかTVのガンダムも放映されてない時代。色も塗らずに「走らせて遊びたい」一心で作ってました。
Aesop
2014/09/07 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
1/24 K12 マーチ 15E(フジミ 「12c 5door V Selection」使用) Mission GA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる